ブログ

Blog

気になる足裏の痛み!ペタンコ靴が原因?!セルフチェックリスト

こんにちは。出張鍼灸師のMIYUです!


このブログを読まれている方は最近足の裏の痛みでお悩みの方だと思います。
以前は普通だったのに気づいたら

「あれ?歩く度に足裏痛いんだけど?なにこれ(^_^;)」

みたいな感じで不快ですよね。

「最近疲れてんのかな~。足裏マッサージ行ってみるか。痛そうだけど。」

となる前にちょっと待ってください!
原因を突き止めないとこじらせるだけかもしれませんよ!
いくつかセルフチェック出来るものとセルフケアをご紹介します♪

目次

セルフチェック

□家の中では裸足で過ごしている
□家の中を歩くとき足をつくと痛い
□最近靴を新しいものに変えた
□いつもより歩いたり、激しい運動をした
□ペタンコ靴、コン●ースのようなスニーカーを履いている

さあ、いかがでしょうか?
ひとつでも心当たりがある方はおそらく、【足底筋膜炎】の可能性があります!
なんぞや?という方、さっそく詳しく見ていきましょう☆

足底筋膜炎とは?

足底筋膜炎(そくていきんまくえん)または足底腱膜炎(そくていけんまくえん)とは、足の指の付け根からかかとまで、足の裏に膜のように張っている腱組織・足底筋膜(足底腱膜とも。 以降、足底筋膜に表記統一する)に炎症が起き、小さな断裂を起こして痛みをもたらす病気。 多くはかかとの骨の前あたりに痛みが起こる。

Wikipedia


調べるとこんな感じです。

つまり…

簡単に言うと、足の裏にも筋肉や腱があります。足の裏って自分の体重が一番かかる場所なので足を地面についたときに、地面からのダメージがダイレクトに伝わり損傷を起こしてしまっている状態です。

新しく買ったかわいいバレエシューズとかペタンコ靴を履いて出かけたくなりますよね♪
でも実はあなたの足をかなりいじめているかもw


歩きやすい靴ってクッション性に優れたウォーキング用のスニーカーだと思いますが、あれはしっかり地面からのダメージから足底を守ってくれる設計だからです。


そう考えれば、ペタンコ靴は裸足で歩いているのと同じなんです(^_^;)

痛みが出た時の対処法

ではどうするか。すでに痛みが出た場合のセルフケアをいくつかご紹介します☆

ペタンコ靴はしばらくおやすみ
歩きやすいスニーカーをしばらく履くようにする
どうしてもペタンコ靴を履きたければ中敷きで対策を
お風呂で足を温める

です☆
症状が軽ければ3~4日くらいで治ると思います。しかし、足は必ず使うものなのでしっかり休めてあげないと時間がかかることもあります。

実体験

実は私もよくなりますw


初めてなったときは、5㎝のヒールでした。
ヒールを履くとつま先に体重がかかる状態でずっと歩いていたので、足底の前のほうが痛くなりました。

整形外科に行っても特になにも処置されず、痛み止めだけでした。
そのときは結構、すぐ直ると思ってそのヒールを我慢して履いていました。
それがまずかったようでなかなか治らずストレスでした(・_・;)
結局1か月くらいかかったかもしれません。

みなさんはそうならないようにしてくださいね。


ペタンコ靴でもよくなるので、履くときは必ずクッション性を確認して、薄ければインソール入れて履いてます。

こじらせると結構精神的にもきついですよ。「侮るなかれ!足底筋膜炎!」

まとめ

足裏に痛みが出ているということは、少なからず炎症を起こしていると思います。

かといって神経質にならなくて大丈夫です(*^^*)
必ず良くなります!

もし上記の対策以外に、フットマッサージなどを利用したいときは、あまり強く押すものではなく、リフレクソロジーのような優しめのものをおススメします。


強く押しすぎると、治りかけの筋肉をさらに傷つけてしまいますからね。
ちゃんと治ってからグリグリ~!ってやつは挑戦してみたらいいと思います(笑)


では、また!

SHARE
シェアする

ブログ一覧

ページの先頭へ