ブログ

Blog

【お家で逆子ケア】お灸のツボ3つ|鍼灸師が教えます

今回は、『逆子』になってしまった妊婦さんに、

自宅で出来る『セルフ逆子お灸』をご紹介します♪

 

逆子体操は腰が痛くて苦しい…。
他に何か簡単に出来ることはないかな?

という方におススメです!

普段は、鍼灸師として【女性専門・訪問鍼灸、整体】を行っております。

実際私が、逆子治療として患者さんのお家で行っている内容を、

  • 資格がなくてもできる
  • 痛くない、苦しくない
  • 妊婦さんでも簡単

にできるようにギュッ!としました👍

 

お家で出来るセルフお灸~逆子編~

鍼灸師のMIYUです!私がご紹介します♪

目次

用意するもの

準備するもの

まずは準備するもの!
せんねん灸
ライター
灰皿
水で濡らした綿花(ティッシュでも可)




※せんねん灸はドラッグストアで買えます。
初めての人は熱が弱めの「ソフト」や「マイルド」がおススメです。
煙が出ないタイプや、においがあまりしないタイプ等などたくさんありますのでおためしあれ😉

姿勢

・足先が出せる服装
・床やソファに座ってゆっくりくつろげる姿勢
・火を使うので、周りのに物を置かない
・3か所:左右3セットずつ(朝、夕方の1日2回まで)

注意すること

・具合が悪いときはやらない
・お灸の熱を感じないより、"ちょっと熱いな"くらいがベスト
・毎日やっても良いですが、最低3日に1回やればOKです。
・人によっては軽くやけどのように肌が茶色く変色する方がいます。
でも、これから始まるめまぐるしい育児に追われているうちにいつの間にか消えますのご安心を(*^_^*)

とにかく焦らず、この時間をリラックスタイムにすることが一番ですよ☺

『逆子』に効くツボ3つ!

①至陰:しいん

逆子と言ったら『至陰』というほど、昔から東洋医学の逆子治療で使われてきた代表格です!

足の小指の末端ですが、このツボは"お腹の中(子宮)"とつながっています。
主に赤ちゃんがいるお腹の中の【陰と陽のバランス】を整えてくれます。




取穴:足の小指、爪の外側の付け根

※熱さを感じにくい場所です。物足りない方は3~5回やってみてください。

②三陰交:さんいんこう

婦人科系の悩みの万能ツボです!

このツボは、足の三陰経(脾経、腎経、胆経)が交わると言われており、
主にママの体全体の【バランス】を整えます。

取穴:内くるぶしの頂点から上に指幅4本分(3寸)の所、骨の横





※熱さは感じやすい場所です。1~2回でも十分です。

③太渓:たいけい

"水"に関わる経絡のツボで、『むくみ』の強い味方です!

冷え性の方にもピッタリです。

取穴:内くるぶしとアキレス腱の中間。少しくぼむところ

まとめ

いかかでしたか?

厳選した3つなので、無理なく出来そうですよね☺




東洋医学は副作用がない医学です。

今回は『逆子』に対してアプローチするツボを紹介しましたが、それだけではなく、

お母さん自身の"体全体のバランス"や、元々持っている"自己免疫力"を高めることが根本的な目的になります。

なので、風邪や新型コロナに負けない体づくりにもつながります!

一石二鳥!

ぜひやってみてください\(^o^)/

ではまた!

SHARE
シェアする

ブログ一覧

ページの先頭へ